心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

【野球うんちく・雑学・面白ネタまとめ②】

野球うんちくシリーズが大好評につき、まとめ②を更新していきます。 昔あった珍ルールに50年以上成し遂げられていない奇跡の盗塁、温もりあるうんちくに驚きとホッコリを約束します。さぁ第②弾スタートです(^^)野球うんちくNo.1~No.10はコチラ (adsbygoogle…

【野球うんちく】野球場のブルペンは闘牛からきてた

投手がグランドへ向かう前に肩をつくる場所、ブルペン。 ブルペンと聞くと野球用語と感じるだろうが、もともとは違う意味で使われていた。 ブルペン(bullpen)を日本語に訳すと「牛を囲う場所」となり、外国では闘牛場で場内に入る前の牛が興奮する囲いのある…

【野球うんちく】100mオリンピック選手がプロ野球入り

1968年12月、野球経験は中学生までの選手がプロ野球ドラフトに出現。 野球経験が中学生までだが、日本中にその名を知らぬ者はいない程の有名人。名は飯島秀雄。飯島選手は20歳のとき、当時100m日本記録10.1秒を記録。 24歳で東京オリオンズ(現:千葉ロッテマ…

【野球うんちく】逆走盗塁!?100年前に廃止された珍ルール

逆走盗塁という理解に苦しむルールが存在した。 二塁ランナーが一塁への盗塁、三塁ランナーが二塁へ盗塁…なにがなんだか分からないルールだ。1920年に廃止されたこのルール。 大リーグでも逆走盗塁を記録した選手がいるという。野球では送りバント・ヒットエ…

【野球うんちく】パーフェクトスチールにサヨナラ本盗|盗塁あれこれ

ランナーがスタートをきったが捕手は送球せず。これは盗塁が記録されずに「野手選択」が記録される。しかし守備側チームが盗塁王のタイトルを取らせないために送球せず、野手選択を選んだ場合などは盗塁の扱いになる。 シーズン最多盗塁は1762年、阪急ブレー…

【野球うんちく】野球から生まれた造語『サウスポー』 意味を知ると温もりを感じる

野球では左投げ選手をサウスポーと呼ぶのに対し、右投げ選手に特別な呼び方はない。サウスポーの由来は野球規則に記されている球場の向きが大きく関係している。 球場の向きについてはこちらに詳しく書いてある。 野球規則通りに野球場を造ると 本塁→西 一塁…

【野球うんちく】ビールかけの始まり

優勝をするとビールかけが好例となっているが、始まりはいつだか知っているだろうか。 1959年に南海ホークスが日本一になった祝賀会、アメリカ出身のカールトン選手が乾杯だけでは物足りずアメリカで優勝後に行われるシャンパンかけをビールでやったこと…

【野球うんちく】「野球」という言葉が生まれた背景

1894年「野球」という言葉が生まれた。 それ以前はベースボールと呼ばれており、訳語を使う必要がある場合には「底球」などとしていた。しかし、これでは「庭球」と紛らわしく、新しい訳語を考える必要があったのだ。「ball in the field」ということばをも…

【野球うんちく】野球場には理想とされる方角がある

野球場には良い方角が存在し、野球規則には本塁から投手板を経て二塁へ向かう線は『東北東』に向かう事を理想とするこのように明記されている。 ではなぜ『東北東』が良いとされているのだろうか?それは太陽の向きが大きく関係している。 太陽が高い位置に…

【野球うんちく】選手を守るラバーフェンス~一人の虎戦士の思い~

今ではほとんどの球場に採用されているラバーフェンス。 ラバーフェンスとはコンクリートフェンスにクッション製のマットを張り、選手の安全を守るフェンスのことである。 このラバーフェンス採用には、熱くも悲しい一人の虎戦士、佐野仙好の物語があった。 …

【野球うんちく】バックスクリーンに観客を入れない理由

バックスクリーンで野球を見ること。 興行的にみれば打者・投手の対決を延長線上で見ることができる特等席であり、座席数も増やせると良いことづくめだ。 それでもバックスクリーンに観客を入れないのには理由がある。 打者・投手の延長線上というのが最大の…

【野球うんちく】プロ野球審判 オフは実家のお寺でお経

1995年 阪神vs広島 3塁塁審にてプロ野球審判1軍のデビューを果たした佐々木 昌信(ささき まさのぶ)審判員。 現在は審判員のクルーチーフとして活躍している。 一流の審判員であると同時に、オフシーズンは実家のお寺を手伝い、法事などでお経を読んでいる。 …

【野球うんちく】昔は一塁駆け抜けでなく一塁手へタックル!?

今では当たり前のようにあるスリーフィートライン。 昔はスリーフィートラインが無く、ホームベース上でたまに見る捕手へのタックルが一塁手へも当たり前のように行われていた。 頻度はホームとは比べ物にならないだろう。 これにより一塁手は頻繁に怪我をし…

【野球うんちく】ボークをボークとさせない東尾修の技術

当時NPB審判団の中で話題になった。 「東尾修(元 西武)の牽制にランナーはことごとく引っ掛かるんだよな…」 「ボークのように見えなくもないが、どこがボークか説明できない…」 走者だけでなくプロの目を惑わし、欺き続けた男、東尾修。 東尾はキャンプに入…

【野球うんちく】スタジアムDJの需要はウグイス嬢を超えた 動画あり

まだ「スタジアムDJ」という言葉が浸透していない昨今、ウグイス嬢の代わりにスタメン紹介や場内アナウンスを担当すると同時に、観客を盛り上げるという役割を持っているのがスタジアムDJだ。 ウグイス嬢は女性がほとんどに対し、スタジアムDJは男性がほとん…

【野球うんちく】「審判の最大の敵は驚くこと」ジムエバンス審判学校

「審判の最大の敵は驚くこと」 ジムエバンス審判学校校長ジムエバンスが生徒に一番先に教えることであり、もっとも理解ほしいことだ。 ルールを理解していても、想定外のケースでは判断能力が著しく落ちる。 審判としては致命的だ。 ジムエバンス審判学校 メ…

【野球うんちく】昔ホームベースはゴムでなく○○○だった

現在ホームベースはゴム製である。 むしろゴム製以外を見たことがない。 昔のホームベースは耐久性を求めるため、鉄や大理石が使われていた。 しかし鉄や大理石は硬く、怪我が幾度となく発生。 そこで怪我を少なくするため布になり、布では耐久性が低いこと…

【野球うんちく・雑学・面白ネタまとめ①】

野球の歴史やルールなど以外と知らないことが多いんです。野球観戦時、野球談義中についつい話したくなる野球うんちくをまとめていこうかな。またどの職場にも野球好きは必ずいます。 コミュニケーションをとるのにはもってこい。どんなかたちであれ、皆さん…

【野球うんちく】ホームベースが四角形

一塁・二塁・三塁は四角形であるが、ホームベースは五角形である。 しかし昔はホームベースも四角形だった。 置き方は他の塁と同様、一塁線と三塁線に交わる所に角を合わせる。 マウンドに角を向けるのだ。 四角形の欠点は、審判がストライク判定をしにくい…

【野球うんちく】ボール9個でフォアボール

1879年のノーコン投手はさぞ嬉しかっただろう。 頭のキレる捕手は組み立てでボールしか投げさせないだろう。 当時はボールが9カウントでフォアボールだったのだ。 打者も野手もお客さんも皆疲れてしまうだろう。 審判からしても集中を持続させる自信は…

【野球うんちく】マウンドにプレートがない時代

昔のピッチャーマウンドにはプレートが存在しなかったなんて想像もつかない。 プレートが無いなら近くから投げれば投手が有利になるではないか。しかし野球を作った人もそこまでマヌケではない。 昔は決められた長方形の区画内ならどこから投げてもよいとい…

はてブ感謝~コメント返し~最終回!?

心暖まるコメントをいつもありがとうございます(^^) みなさんだんだん私の感覚が分かってきたんですかね? 決して私なんかに洗脳されないようお気をつけ下さい。 私はブログを読み続けたせいで、とあるブログに洗脳されています(笑)洗脳は失礼な表現でしたね…

一条工務店見積もり公開!コミコミ坪単価は○○万円!

今回は一条工務店からもらった見積書を公開していく。 i-smartという一条工務店で最も人気の商品で出してもらった。間取り図は自分で書いたこちらを提出。ただ2×6工法の一条工務店では構造的に問題があると手直しされた。 手直し後の間取り図がコチラ。【1階…

はてブ感謝~コメント返し~Part.10

ユニバーサルホームの見積もり紹介に様々なコメントを頂き感謝です。 正しい情報を分かりやすく伝えようとペンを握りました。 あっ、スマホをにぎりました(笑) (私はスマホで記事を書く派です)今回コメント返しをさせていただく記事はコチラ↓ www.to-ichi.on…

ユニバーサルホーム31.5坪見積もり公開!内訳を細かく紹介

ユニバーサルホームに私が書いた間取り図を提出し、要望を伝え見積もりを出してもらった。 一条工務店にも同じ間取り図を出し見積もりをお願いした。 両社に同じ間取り図を見積もりしてもらう…いわゆる相見積もりだ。今回はそのユニバーサルホームの見積もり…

はてブ感謝~コメント返し~Part.9

心温まるコメントをいつもありがとうございます。 アドセンス追加と『くらそうね』さんより頂いたオファーにたくさんのコメントを頂きました。 こちらの記事をもって返答をさせていただきます。コメント返しをさせていただく記事です↓ コメント返し id:sufur…

アドセンス通過♪家づくりサイトよりオファー

ブログを初めて間もなく5ヶ月が経とうとしている。 始めは審判もしているし野球の記事を書こうとしたが、シーズンオフという季節のマジックにより2ヶ月で撃沈。 気分転換に書いてみた家づくりブログは楽しくて仕方がない。『今書きたいのは家づくりなんだな…

はてブ感謝~コメント返し~Part.8

前回に引き続きスウェーデンハウス宿泊体験レポートを書かせていただきました。 今回は室内の温度変化に重きを置きました。 データをとり分析し私の感想をまとめたものです。 スウェーデンハウスよりユニバーサルホームの室温変化が少ないという結果に驚きま…

スウェーデンハウスがローコストメーカーより性能が低い?~宿泊施設実験レポート~

春一番が吹いた3/1。 その翌日3/2に埼玉県所沢市にあるスウェーデンハウスの宿泊体験施設へ行った。 目的はスウェーデンハウスで家を買うか悩んでいる訳ではない。 スウェーデンハウスは 『オリコン顧客満足調査 ハウスメーカー注文住宅4年連続総合第1位』 …

はてブ感謝~コメント返し~Part.7

スウェーデンハウスの宿泊体験について書いたブログが大変好評で、たくさんの方からコメントを頂きました。 コメントって嬉しいですね。 体験して、頑張って書いた記事が、読んでくれた方の気持ちを少しても揺することができたと思うと…心が温かくなります。…