心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

知ってるけど上手く説明できないインフィールドフライを徹底解説

内野フライを故意に落とし、ダブルプレーを狙うことを禁止するために生まれたインフィールドフライ。

審判をやっているとインフィールドフライについて詳しく聞かれる事も少なくない。

選手や監督もインフィールドフライについて詳しく説明できる人は少ないだろう。

そんなインフィールドフライについて理解を深めてもらいたい。

f:id:to-ichi:20171120142723j:plain

そもそもインフィールドフライとは

・アウトカウントがノーアウトor1アウト

・ランナー満塁or1.2塁

上記を満たすとき内野フライが上がればインフィールドフライとなる。

ただしこの内野フライの捉え方が一番難しいのだ。

一番重要な点

内野フライに対し普通の守備をしたとき、野手が捕れるかどうかを、審判はフライの頂点付近までに判断しコールする。

この普通の守備というのがとにかくややこしい。

普通の守備 3つのポイント

1.フライ頂点付近で野手が確実に捕れるかどうか判断

→捕れるか際どい時には適用しないし、選手の動きを良く見る必用がある

2.定位置を基準に考えるのでなく、現在守っている位置から捕れるかどうか

→前進守備や特別シフトをとっている場合「定位置に守っていれば捕れる」という理由でコールしてはならない

3.小フライでも頂点付近で捕れる確信がある時のみ

→考える時間が短いからと焦ってはいけないし、不安だったら適用してはならない

いずれにしても自信がなければ適用しない。

選手の動きと打球の具合を見定めることが重要である。

また草野球で良くある「ショートは経験者、セカンドは素人」のような場合、ショートやや後方のフライはインフィールドフライを適用し、セカンドやや後方のフライはインフィールドフライを適用しないなど、選手能力も判断材料の一つである。

インフィールドフライをかけず選手から抗議があれば「フライの頂点付近までに捕れそうな体勢ではなかった。捕れそうだと判断すれば、迷いなくかけていた」のように審判は反論する。

なんにせよ審判が自信を持つことが必要なのだ。

フェアかファールか際どいとき

通常のコールは天に人差し指を突き上げ「インフィールドフライ」とコールする。

ただし際どいときは動きは一緒だが「インフィールドフライ、イフ フェア」このようにコールが変わる。

「イフ フェア(if fare)」は日本語にすると「フェアだったら」となり、全体の意味は「フェアだったらインフィールドフライ(を適用)」となる。

インフィールドフライ宣告後に、野手に触れずにフェアゾーンに落ちた。しかし回転でファールゾーンに転がっていった。

この場合はファールになるという訳だ。

もちろん直接ファールゾーンに落ちても同じくファールだ。

ラインをまたいでフライを落球。

この場合、フライを触った時のボールがフェアゾーンならインフィールドフライでバッターアウト。

ファールゾーンで触れていればファールになり、ボールが落ちた場所は関係ない。

際どいと思ったら「イフ フェア」を付け足すのだ。

誰か一人でもコールしたら同調

インフィールドフライはそのグランドにいる審判のうち誰か一人でも、判断しコールしたら適用される。

4人制審判の場合、3人が「適用外だ」と判断しても1人が「適用だ」と判断しコールしたら、適用外だと判断した3人も同調しなければならない。

全員がコールするのには意味がある。 ・選手に伝えやすくするため ・1人より4人にコールされた方が説得力がある

おわりに

新人の頃、インフィールドフライを1番にコールすることはとてもドキドキした。

先輩審判がコールした後に同調するだけで精一杯だ。

しかし自信をもって1番にコールし、回りが続いてくれた感動は今でも覚えている。

自分が成長したと感じた瞬間だ。

このようなまとめでは納得いかないだろう。

インフィールドフライは審判の感覚に左右されることがある。

しかし裏を返せば、それほど難しいルールでもある。

インフィールドフライというプレーは1試合のなかで、続くときは不思議と続くが、無いときは全く無い。

インフィールドフライの感覚を鍛える方法は場数だ。

もしインフィールドフライを自分の感覚と擦り合わせたいのなら

「このフライはインフィールドフライで、このフライは違うんだな」

このように、インフィールドフライに対し敏感に見ることが一番の近道である。