心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

草野球の審判離れ

審判がいない野球をやったことがあるだろうか。
誰一人いない場合もあるし、控え選手が交代しながら審判をする場合でも良い。
また審判未経験者でも同じだ。



f:id:to-ichi:20171128162112j:plain



あきらかなボールを「ストライク」と判定されても笑えるような紅白戦・気の知れたチーム同士の練習試合なら有りだろう。
しかし景品や上の大会がかかっているリーグ・トーナメントではちょっと笑えない。

野球経験者と素人では打席に入ったときストライクゾーンの見え方が違うように、審判も素人と経験者ではまるで違う。
もちろん審判は構えや見やすい位置を知っているのもあるが、やはり経験にはかなわないのだ。

球審であれば低すぎず高すぎず程よい高さで構え、低めも高めも見やすい位置を知っているが、素人ではどちらかに偏りすぎてしまう。
よく見るのが低く構えすぎて、低めが捕手の体で全く見えない球審だ。

またボールが来るときに逃げてしまう球審も多いが「球審はカメラであれ」と言われるよう、逃げてしまってはブレてしまい正確な判定ができない。
例え捕手が逸らしても逃げなければプロテクターやマスクにあたる所、脇腹や耳に当たるなど危険度も増してしまう。
しかし素人では反射的に逃げてしまうのだ。
いかに程よい高さで動かないかが重要である。

高さの目安は捕手の頭の頂点に審判のアゴがくる位置だ。
捕手と審判の距離は近い方が良い。
目安は捕手のかかとの位置に少しずらして審判のつま先を置くようにしよう。

塁審に関しても素人と経験者では正確性が大きく変わる。
素人は際どい判定の時にプレー全体を見てしまいがちだが、経験者はベース・足・グラブと視点を絞って見極める。
また目だけでなく音も参考にしているから正確性が増すのだ。
もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてほしい。

このように正確性を高めるために審判は様々な知識・スキルを習得している。
ここに紹介したのはほんの一部に過ぎない。


試合に緊張感を持たせるのに審判は必要であるが、最近の草野球ではその意識が薄れかけている。
「どのように審判を依頼すれば良いか分からない」
「依頼しても審判の人数が足らないため断られてしまった」
このような現実も審判離れの一因ではある。
しかし審判なしの試合・ありの試合では選手の負担や緊張感がより良くなることを約束する。
是非とも「草野球だから」と諦めず、より良い休日になるためにも審判を呼んでほしい。

首都圏エリアであれば
○首都圏野球審判協会
首都圏野球審判協会

○外苑審判倶楽部
外苑審判倶楽部 トップページ

○東京軟式野球審判協会
東京軟式野球審判協会 "TU" | 東京周辺に軟式野球審判を派遣します

この3つの審判協会なら人数もある程度おり、どこかしら依頼できるはずだ。