心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

26坪 平屋の間取り 一条工務店仕様 Part.2

マイホームに向けて自分なりに間取りを作成。

80坪の土地を先行購入。
南北に約14m、東西に約18m。
東側道路。
前回同様、この土地に合うよう書いた。

f:id:to-ichi:20180110113320j:plain
(ロス90→ロスガード90という換気システムの機械。一条工務店は半畳スペースを利用しロスガード90を設置しなくてはならない)

こだわり

・LDKと寝室の間にホール(廊下)を設け、プライバシーの確保

・ゆったり3畳の脱衣場。下着・パジャマ程度の収納も確保

・19畳のLDKを南面に置き、リビングは南・西からの光を大量に取り入れ冬場も暖かい

・1人1畳のクローゼット(4人家族)

・2.5畳の大容量納戸(物置)

欠点

・主寝室が道路の真横で視線が気になる

・主寝室と玄関前の子供部屋からトイレまでが遠いし、LDKを通らないと行けない

・トイレと洗面台へ行くのにキッチンの脇を通過→来客時キッチンの中が丸見え

・家全体が凸凹し、外観がよろしくないと思われる


まとめ

以前の間取り図をInstagramに投稿したところ、様々な人からコメント・アドバイスをもらった。
音の問題、外観の問題を指摘されたときには、改善点が見つかり延び白を見いだせ嬉しかった。
この間取りはLDKと脱衣場の洗濯機音を寝室まで通さないよう廊下を設ける工夫をした。
しかし家全体が凸凹の間取りで外観にまで手をつけられなかった。
坪数を増やせば問題を解決できるが、坪数UP=金額UPとなるのは当然。
自分達が無理なく返済できるよう、決められた資金で最良の家を作りたい。
ハウスメーカーを変更するというのも1つの手だろう。
しかし私としては一条工務店のi-cubeに惚れている。

健康・省エネ・安心

他社に比べ全てにおいて優れているしコストパフォーマンスが素晴らしい。
実は気になるハウスメーカーがもう1社あるが、それはまた別の機会に書こうと思う。
何でも良いのでアドバイスが欲しい。
できればダメ出しを!
よろしくお願いします。

↓いつもクリックで応援、ありがとうございます↓
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ