心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

26坪 平屋の間取り 4LDK Part.3

マイホームに向けて自分なりに間取りを作成。

80坪の土地を先行購入。
南北に約14m、東西に約18m。
東側道路。
前回同様、この土地に合うよう書いた。
f:id:to-ichi:20180111214914j:plain

こだわり

・平屋バージョンで初めての試み『和室』

・扉無し和室で家族とのコミュニケーションを近く

・中廊下(ホール)を2.5畳設け、子供たちのプライバシー確保

・3つの寝室全てトイレに近い

・アイランドキッチン

・LDK、和室、子供部屋の通風性◎

・家事動線◎

・主寝室(6畳)をLDKと中廊下の両側から出入り可能

・子供部屋へ行くまでに必ずリビングを通り、顔を合わせる

・外観がシンプルでカッコいい(と思われる)

欠点

・玄関が狭い

・ 洗面所が2畳サイズで収納スペースがない

・家全体で収納スペースが少ない

・キッチン裏に冷蔵庫があり、通路を圧迫→冷蔵庫前のみ狭い

・風呂&洗面所&トイレが寝室と隣り合わせ→音が気になる

・リビングからトイレが遠い

・ロスガードを置くスペースが確保できず、一条工務店仕様にできなかった
(一条工務店はロスガード90という換気システムの機械を、外壁に面した半畳スペースを利用し設置しなくてはならない)


おわりに

初めての試み『平屋』を実現。
今までは26坪で3LDKだったのが、今回は同じ坪数で4LDK。

大満足!!!

…と、思いきや(>.<)

・ロスガード設置スペース無し。
・収納スペースが少なすぎる

この2つからボツ間取り図へ…
念願の一条工務店…
念願のi-smart…
叶わくばi-cube…
これらが水の泡に。
ただ失敗は成功の母である。
経験値が上がったと思おう。

以前担当から言われた
『お客さんの資金で平屋でしたら26.3坪が限度ですね』
が、重くのし掛かる。
更にオプションを加わり建築費が膨らめば、26坪以下を余儀なくされるだろう。

会社の同僚に言われる。

『確かに一条工務店は良いよ。でも家を小さくしてまで建てて後悔しない?』

心にグサッとくる。
自分でも分かっている。
ただローコストハウスメーカーで30坪越えの平屋なら、一条工務店で25坪の平屋の方が後悔しない。

『家は性能。』

ホント男心をくすぐるキャッチフレーズだよ…

↓いつもクリックで応援、ありがとうございます↓
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ