心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

家具の祭典『家具メッセバザール』さいたまスーパーアリーナで開催!

3/3.4の2日間に渡りさいたまスーパーアリーナにて『家具メッセバザール』が開催されており、私も足を運んだ。

f:id:to-ichi:20180303152425j:plain

各メーカーの最新作家具や昔から売れ行き抜群の家具を展示し販売。
数多くのメーカーの目玉商品を見比べることができ、マイホームへ一番合う家具を選ぶことができるイベントだ。
またアウトレット商品も多数展示されており、半額以下の価格で販売している家具もあった。

全てを紹介することはできたないが、私たち夫婦が気に入った家具を紹介していこうと思う。


ダイニングテーブル・イス

f:id:to-ichi:20180303154311j:plain
特に気に入ったデザインではないが手前のソファー下部が収納になっており、ダイニングソファー下部に収納という新たな発見をできた。
f:id:to-ichi:20180303154709j:plain
こちらがその下部収納。


f:id:to-ichi:20180303154742j:plain
ダイニングテーブルで一番人混みができていたテーブル・イス。
私たち夫婦もこのテーブルの左右非対称の形、丸みを帯びた柔らかい印象から一番のお気に入りだ。
この丸みを帯びたアーチ部分は動線を妨げず、小さい子供の障害事故防止にも一役かっている。
また手前の長椅子は細い背もたれの支えに対し座面が大きく、女性からの支持率が高そうだと感じたし、実際に嫁の目もハートになっていた。
f:id:to-ichi:20180303155318j:plain
セット販売ではテーブル・長椅子・一人用イス×2個の4点セット。
一人用イスは↑の写真のように様々なバリエーションがある。


f:id:to-ichi:20180303155521j:plain
家族全員が向かい合うことのできる丸テーブル。
夫婦+子2人の我が家にはもってこいの形状だ。
パパ→子→ママ→子
このように子供たちを両側から見守ることができる。


f:id:to-ichi:20180303160620j:plain
テーブルの色合いが可愛い以上にイスの背もたれを支えがヒモという点に斬新さを感じた。
またこのヒモは汚れが着きにくい加工をしてあり、長く愛用することもできる。
来客時に必ず目に留まるオシャレなイスだと感じた。

リビングソファー

f:id:to-ichi:20180303160900j:plain
水色が映えるインパクトのあるソファー。
見た目はとてもお洒落だと感じた。
しかし部屋に置くとなると、床・壁紙・小物など、個性同士が喧嘩をするだろう。
シンプルな無機質な家には相性が良いだろうが、無垢床や木の家具が多い温もりのあるリビングには向かないと感じた。


f:id:to-ichi:20180303161226j:plain
先程より落ち着いた青。
この色合いならどんな部屋にもマッチするだろう。
また背中・首をしっかり支えるアーチ形状は座り心地抜群。
ただ座椅子のように足が無いため低く感じた。
この形で足が付いていれば一気に上位ランクインなソファー。


f:id:to-ichi:20180303162302j:plain
座面の大きさ、背もたれの形状が特徴的なソファー。
広々座面はソファーというよりベッドと表現した方が伝わるだろう。
このソファーは座るのでなく『寝転ぶ』スタイルの利用者からの支持率が高い。
ただ欠点としては背もたれにからだ全体を委ねると座り心地が悪い。
自分の座り方と要相談なソファーだが、私たち夫婦は子供の昼寝にも使えるという点から高得点だった。


f:id:to-ichi:20180303163043j:plain
紫の強弱で特徴的な色合いで上部のソファー。
先ほど紹介した水色のソファー同様、部屋のイメージにより良いアクセントにも悪いアクセントにもなる。
ただこのソファー、薄紫の背もたれ部分が稼働可能。
f:id:to-ichi:20180303163254j:plain
しっかりと背もたれにかけても動きにくい素材なため、転落等の心配は少ない。

アウトレットソファー

今までは10~20万円台のソファーばかりを紹介したが、訳有りで価格が抑えられた商品も多数置いてあった。
現物の商品もあれば倉庫に新品で保管されている商品など様々。
廃盤商品やモデルチェンジに向けた在庫処分もこのアウトレット商品に分類される。
まずは格安ソファーを画像のみで6点紹介しよう。

f:id:to-ichi:20180303163803j:plain
f:id:to-ichi:20180303163818j:plain
f:id:to-ichi:20180303163833j:plain
f:id:to-ichi:20180303163846j:plain
f:id:to-ichi:20180303163902j:plain
f:id:to-ichi:20180303163917j:plain

どれも価格が3~5割引きにて置かれており、自分に納得のいく商品が見つかればお買い得だ。

最後に1点、私たち夫婦が心を奪われたアウトレットソファーを紹介したい。

f:id:to-ichi:20180303164124j:plain
丸みを帯びた落ち着いた青色のソファー。
また背もたれに置かれたクッション5点も付いてくる。
青と灰色の2色があり、今回は青が置いてあったが本命は灰色だ。
またこのソファーの最大の特長は足を伸ばすことのできる部分が稼働可能という点だ。
f:id:to-ichi:20180303164418j:plain
また前に置くのでなく、横に置くことで横長ソファーに大変身。
模様替えにも家族の用途に合わせられると、買ってからもスタイル変化に対応した逸品だ。
またこのソファーの説明を聞きくため、座り心地を確認するために10分ほど並んだ。
それほど注目度の高いソファーなのだろう。

家具メッセバザールの特徴

事前予約:してもしなくてもOK
(事前予約をしておけば、入場前に名前や
住所の記入をしなくて済む)
費用:無料
場所:さいたまスーパーアリーナ
(さいたま新都心駅 徒歩3分)
ベビーカー:無料貸し出し有り
コインロッカー:有料 300円~
ドリンク:無料ドリンクコーナー有
(烏龍茶・コーヒー・オレンジジュース)


おわりに

今回は家具のイメージを膨らますために購入をする気は更々なかった。
ただ行くと物欲が高まるのは事実。
それほど魅力的な商品が多いのだ。
今回は見回らなかったが、ベッドや収納家具、カップボードも多数ある。
購入目的でもイメージを膨らます意味でも行って損の無いイベントだと感じた。

次回は3/23~25幕張にて開催される。
f:id:to-ichi:20180303165832j:plain
f:id:to-ichi:20180303165904j:plain

今回以上の規模で行われるため、こちらも要チェックだ。
また今回行くことができなかった方も、この機会にどうだろう?

またさいたま市をもっと知りたい、最新情報を知りたい方はid:aqua_featherさんの記事がとても参考になるので、是非読んでみると良いだろう。
id:aqua_featherさんの最新記事はこちら。

↓いつもクリックで応援、ありがとうございます↓
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ