心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

【野球うんちく】野球から生まれた造語『サウスポー』 意味を知ると温もりを感じる

野球では左投げ選手をサウスポーと呼ぶのに対し、右投げ選手に特別な呼び方はない。

サウスポーの由来は野球規則に記されている球場の向きが大きく関係している。
球場の向きについてはこちらに詳しく書いてある。

野球規則通りに野球場を造ると
本塁→西
一塁→南
二塁→東
三塁→北
このようになり、投手がホームに正体(胸をホームベースに向ける)すると西を向くことになる。
このとき左投手の左腕は一塁、すなわち南にある。
サウスポーの『サウス』は南(south)を意味しているのだ。



f:id:to-ichi:20171209090409j:plain



それでは『ポー』はどのような意味なのだろうか。
この意味を知ったとき私は笑ってしまった。

『ポー』は英語で動物の前足(paw)

ハンド(手)でもアーム(腕)でもスロー(投げる)でもなくポー…
動物の前足を選ぶのだから面白いし、利き腕を動物の前足と表現する感性に脱帽だ。
響きも「ポー」と温もりさえ感じてしまう。

『サウスポー』という言葉が誕生したのはメジャーリーグの前身、ビッグリーグ(大リーグ)時代である。
球場の特性と動物の前足を組み合わせた造語であり、それを生み出したアメリカ人の感性は何度も言うがすごい。


野球から生まれたサウスポーという造語はテニス・バレー・ボクシングなど様々なスポーツで使われている。
本来の『南側にある手を使う』という意味ではないが、それでも広く使われているサウスポー。
この言葉ひとつでアメリカでの野球の影響力の大きさ、サウスポーという言葉のインパクト・画期的さが分かるだろう。

右投手には特別な呼び方はない。
あえてつけるとしたら、北側の手で投げるのだから『ノースポー』だろうか。
少し間抜けな感じがするが、響き的には嫌いではない。

合わせて読みたい記事

【マウンドにプレートがない時代】
投手はマウンドのプレートに足をつけて投球しますよね。
しかし昔はプレートがありません。
では一体どうやって!?
また最新のマウンドを紹介。


【ボール9個でフォアボール】
ボール4個でフォアボール(四球)ですよね。
しかし昔はボール9個の時代もあったのです。
ではなぜボール9個から4個になったのでしょう?


【ホームベースが四角形】
ホームベースといえば五角形です。
しかしベースボールができた当時は四角形だったのです。
進化を重ね今の五角形に。
その歴史に納得です。


【昔ホームベースはゴムでなく◯◯◯だった】
今では当たり前のゴム製ホームベース。
しかしベースボール発足当時は違う素材が…
今のゴム製に変わる歴史は深い意味が!


【野球うんちくまとめ】
過去に紹介した野球うんちくをまとめてある。
昔の考えられないルールから、選手や野球に携わる人々の裏話など掲載。
野球好きにはヨダレがでる話ばかりだろう。
また野球に熱のない人でも、上司とのコミュニケーションに役立つはずだ。
野球好きのオジサンはどこにでもいるのだから。



↓いつもクリックで応援、ありがとうございます↓
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ