心も体も暖かい家づくり

2020年1月までにマイホーム引き渡し。間取り・価格・断熱に興味深々。暇があれば勉強にトコトコ。家、家、家…たまに野球。

【一条工務店i-cube】28坪見積書・間取り図・イメージ図公開

急成長の一条工務店。
主力商品i-cubeの見積書・間取図・イメージ図を紹介していく。

廊下を少なくお風呂・洗面所も必要最小限の1坪に抑えることで、28坪と狭小住宅ながらも18畳の広々LDKを実現。

5.3畳の寝室2部屋、6畳の寝室1部屋の3LDKに3畳の納戸(物置部屋)を設置。
部屋数に収納量に申し分ない。

間取り図・イメージ図だけでなく、見積書も公開していく。


1階間取り図・イメージ図

f:id:to-ichi:20180604113717j:plain

東玄関にリビング階段。
6畳の広々キッチンに8畳の贅沢リビング。
玄関・洗面所を最小限にすることで18畳のLDKを実現できた。

イメージ図はこちら↓
f:id:to-ichi:20180604114101j:plain

2階間取り図・イメージ図

f:id:to-ichi:20180604114137j:plain

各部屋はそこまで広くはないがベットと勉強机を置け『ちょうどいい広さ』にまとめた。
1階同様廊下など必要最小限にすることで、納戸(ウォークインクローゼット)を設置できた。

イメージ図はこちら↓
f:id:to-ichi:20180604114524j:plain

家全体イメージ図

f:id:to-ichi:20180604114549j:plain
白タイルを全面に貼ることで高級感抜群。
総二階にまとめることで、スリムな見た目と耐震性を十分に保つことができる。

見積もり

f:id:to-ichi:20180604114817j:plain
一条工務店は建物金額の計算方法に『施工面積』を採用。
バルコニーなども家の大きさとしてカウントする。

f:id:to-ichi:20180604115028j:plain
家の大きさ(延床面積)は約28坪だが、計算時には28.56坪で計算。

【建物本体価格】1830万円
【建物本体坪単価】64万円/坪

ここに工事費用や諸経費など、上図の見積書とは別に様々なお金がかかる。
最終的には約2,400万円程のお金がかかる。

※ここには土地代・外構費は含まれていない。

一条工務店でi-cubeを建てるには

土地と外構以外で計算しよう。
i-cubeを建てるのには少なくとも2,400万円が必要だ。

コミコミで坪単価を計算すると…

85.7万円/坪

ちなみに上位クラスのi-smartは『坪当たり2万円プラス』であるため、おおそ87.7万円/坪だろう。


おわりに

今回の見積もりではオプションが100万円だが、たいてい300~500万円はオプションを追加する傾向にある。
そうなれば当然コミコミ坪単価は上がり、90万円/坪なんてこともあり得る。

家計の懐事情としっかり相談し、上がりすぎなよう気を付けてほしい。

素敵な家と出会えることを心から願っています。

合わせて読みたい記事


i-smart30坪総二階の見積書公開
建物価格・工事費・オプション・諸費用
見積書ごと全てを公開。
建物坪単価・コミコミ坪単価も掲載。


一条工務店i-smart・i-cube同じ間取り・坪数で価格比較
同じ大きさ・間取図で価格を比較。
見積書を掲載。
坪単価と注意点がまとめてある。


一条工務店3ヶ月連続坪単価値上げ
2017年11月~1月までの3ヶ月で坪単価を上げた一条工務店。
値上げ額・理由を紹介。


ハウスメーカーが高い理由 工務店が安い理由~価格差300万円~
ハウスメーカーと工務店の違いを紹介。
少なくとも300万円の金額差。
この差は性能や設備の差でなく裏事情の差であった。




↓ためになる家づくりブログが盛りだくさん↓
にほんブログ村 住まいブログへ