心も体も暖かい家づくり

2019年夏までにマイホーム引き渡し。家の快適さは大きさじゃない。家・家・家…そして家。頭の中は家一色。

LIXIL玄関ドアGIESTA2(ジエスタ2)に決定や!!

LIXIL東京ショールームにて玄関ドア選定。
本来は無垢ドアを検討していたが、施主支給になること、価格面から断念。
安心面と価格面からプリントシール(化粧シート)の玄関ドアを業者手配にてお願いする。
ただ木の温もりが感じられるデザインを第一に選んでいく。


二度目のドア選定

LIXIL東京ショールームへ行ったのは今回が初めてではない。
一度目は水回り商品。
二度目は室内扉。
そして今回三度目は玄関ドア。

二度目の室内扉巡りの際、玄関ドアも少しは見たのだが、この時はイメージづくりで確定までは至らなかった。

その時気に入った玄関扉はコチラ
f:id:to-ichi:20181107193930j:plain

そして今回気に入った玄関扉はコチラ
f:id:to-ichi:20181107194031j:plain
(GIESTA2 D54型)

見比べていただければ分かるだろうが、同じようなデザイン。
我が家はこのような雰囲気の扉が好きなんだと再確認。

何色にしようか

扉面のデザインは方向性が定まった。
あとはアイアン(黒い格子)の形状と扉面の色。

アイアンは外しても良かったのだが、そもそもこの扉では外すことが出来ないと知り、なるべくシンプルなデザインを選択しようと思う。

そして一番の悩みが色。
8色ある中から2色までは絞った。
f:id:to-ichi:20181107201118j:plain

エクリュアイボリーとシュガーオーク。
どちらも捨てがたいところ。
まさに前回と今回気に入った色だ。

エクリュアイボリー
f:id:to-ichi:20181107201343j:plain

シュガーオーク
f:id:to-ichi:20181107201409j:plain

LIXIL玄関ドアGIESTA2ホームページ

マイホームデザイナー

扉だけイメージしても、家に合わなければ意味がない。
そんなときに役立つのがマイホームデザイナー。
今回のドアに合うものを選定。
今までのプランにエクリュアイボリーとシュガーオークを挿入。

エクリュアイボリー
f:id:to-ichi:20181108223618j:plain

シュガーオーク
f:id:to-ichi:20181108223652j:plain

エクリュアイボリーの方がネイビーブルーのガルバ、ホワイトのサッシ・水切りの2色使いで全体的なバランスがとれている。

続いて2階バルコニーの色を玄関ドア色に近いものへ変更。

エクリュアイボリー
f:id:to-ichi:20181108223921j:plain

シュガーオーク
f:id:to-ichi:20181108223945j:plain

ここからは好みの世界に入るだろう。
エクリュアイボリーは汚れが目立ちやすいという不安が残る。

シュガーオークは今後の外構計画において門柱・アプローチ・植物等で景観を整えたいという希望がある。
我が家はシュガーオークでいきたいのが本音。

ただ美的センスのない私が、外構と家の調和をとることが果たして可能なのか?
非常に不安なところ…。

念のためにエクリュアイボリーも保険で候補に残しておく。


おわりに

そろそろ頭がパンクしそう(笑)
家づくりってホント決断の連続。

ただこれって幸せなこと。
数千万円の買い物なのだから、後悔はしたくない。

それ以上に今はとても充実している。
時間が足りない。
そろそろ有給をつかって家づくりウィークでもやろうかな?

冗談はさておき。
明日は代官山と目黒通りへ家具巡りの予定。
素敵な家具たちを愛でて癒されてこよう♪

我が家は51:49と、かろうじてシュガーオーク推し。
皆さんだったらエクリュアイボリーとシュガーオーク、どちらが好みですか(^^)?
参考にさせてください。



↓ためになる家づくりブログが盛りだくさん↓
にほんブログ村 住まいブログへ