心も体も暖かい家づくり

2019年夏までにマイホーム引き渡し。家の快適さは大きさじゃない。家・家・家…そして家。頭の中は家一色。

目黒通りBRUNCHで無垢メンテナンス体験~木が好きなる~

目黒通りに店舗を3つ構えるBRUNCH(ブランチ)。
徒歩5分圏内に3店舗。
その他にも家具屋が多く揃う目黒通りは、家具好きにとってたまらないエリア。

週末に行われるBRUNCHの無垢メンテナンス講習会に参加。
初めて知る知識の数々に無垢家具・床への気持ちがより一層強まった。


メンテナンス講習会

f:id:to-ichi:20181111075632j:plain

乾燥が急激に進む11月。
人の肌だけでなく木も乾燥しやすい。
木の乾燥は反り・割れの原因。

乾燥シーズン始まりの11月、無垢家具のメンテナンスをすることが大切。
よってBRUNCHでは毎年11~12月の週末11:00~・14:00~の2回、オイルによるメンテナンス講習会を実施。
f:id:to-ichi:20181111080045j:plain

我が家も当日電話予約ながらも快く受け入れて頂き、メンテナンスの知識を蓄えることが出来た。

帰り際にはオレンジオイルか密ロウワックスのどちらかをプレゼント。
f:id:to-ichi:20181111080325j:plain

我が家は初心者でも使いやすいオレンジオイルを頂いてきた。

講習会内容

約1時間の講習会。
まずは資料をもとに無垢の特徴を詳しく説明していただく。

オイル塗装・ウレタン塗装から始まり、木の繊維、乾燥など様々。
次に傷の修復方法の説明。
傷により修復方法は変わってくる。
修復のしやすい傷、しにくい傷毎に説明。

コレ↓くらいの多少のへこみ傷。
f:id:to-ichi:20181111081101j:plain

濡れティッシュを半日から1日置けば直ることも多いという。
これで凹みが治れば木を削らずに済むためオススメ。
f:id:to-ichi:20181111081152j:plain

ただ濡れティッシュを置くということは水染みが出来るということ。
水染みを取るのには表面を削る必要がある。
ただ濡れティッシュを使用しないで削るよりは、削り量が格段に少なく済むためオススメ。

今回の濡れティッシュ実験は時間の関係で1時間程度。
f:id:to-ichi:20181111185253j:plain
見た目では分からないだろうが、触った感覚は確かに凹みが少なくなっている。

激落ち君

スーパーやホームセンター、はたまた100円ショップでも購入できる激落ち君。
なんと木にも使えるというのだから驚き。

f:id:to-ichi:20181111185547j:plain
↑コチラは油性ペンで無垢材(タモ)に落書き。
ミートソースなどの汚れとイメージしてほしい。

この汚れに対し少量の水分を含ませた激落ち君をこする。
f:id:to-ichi:20181111185855j:plain

すると…

f:id:to-ichi:20181111185925j:plain
完全ではないが良い感じに落ちている。

激落ち君は木にも有効なのだ。
表面を削っているわけではないので、木も減ることなく綺麗になる。

サンドペーパー

今度は傷をつける。
f:id:to-ichi:20181111190223j:plain

そして120番の粗めサンドペーパーで削る。
f:id:to-ichi:20181111190321j:plain

凹凸が無くなってきたら240番の細かいサンドペーパーで削り、表面のザラザラを滑らかにする。
240番をかけたあとの無垢はコチラ↓
f:id:to-ichi:20181111201910j:plain

ほとんど傷がわからなくなり、さわり心地も抜群。

f:id:to-ichi:20181111202003j:plain
娘もパパ・ママの隣で一生懸命メンテナンス。
どんな物も大切に扱う人間になってほしいな。

最後にオイルを塗り終了。
f:id:to-ichi:20181111202208j:plain

ワックス塗りも体験。
f:id:to-ichi:20181111202244j:plain
塗ったあとの触り心地はオイルもワックスも一緒だった。

これにてメンテナンス講習会は終了。
その後は店内をふらふら。

店内散策

浮遊感のあるダイニングテーブル。
f:id:to-ichi:20181111202604j:plain
丸みを帯びた角のさわり心地が癖になる。
ずっと触っていたくなる滑らかさとサラサラ感。

優しい色合いの椅子たちも素敵。
f:id:to-ichi:20181111202833j:plain
f:id:to-ichi:20181111202843j:plain
座り心地も良い感じ。
ただちょっと価格がね…

ふわっふわのソファ。
f:id:to-ichi:20181111203020j:plain
からだ全体を包み込む程の柔らかさ。
1分かからず眠れる自信がある。

目黒通りのお店たち

時間があまりとれずたくさんある家具屋の全てに入るとことはできなかった。
ただ目黒通りの家具屋の多さには驚き。

全て小さなお店だが、平日なのにどのお店にもお客さんがいることから目黒通りは家具の聖地なんだと感じた。

f:id:to-ichi:20181111203838j:plain

f:id:to-ichi:20181111203903j:plain

f:id:to-ichi:20181111203931j:plain

f:id:to-ichi:20181111204001j:plain

f:id:to-ichi:20181111204028j:plain

f:id:to-ichi:20181111204049j:plain

どのお店も決して安くはないが、一つ一つが洗礼されていて魅力的な物ばかり。

unico代官山

今回の東京家具探索のメインはコチラ、unico代官山。

f:id:to-ichi:20181111204442j:plain

unicoは全国的に店舗を構え、我が家の近くにもある。
しかし近所のunicoはデパートの一角でお店が小さい。
ただそこでリーズナブルかつ素敵なダイニングテーブルと遭遇。

『unicoに興味が湧いたし、大きな店舗で他の商品も見てみたい』

そんな希望を持ちunico代官山へ。

f:id:to-ichi:20181111204956j:plain
そうそうこれ。
オークのダイニングテーブル。

色・脚・テーブル下収納。
全てが良い感じ。
f:id:to-ichi:20181111205129j:plain

ただパーティー席のように座ると膝がテーブルの脚に当たるのだけが欠点。
それ以外は全て良い感じ。
パーティー席を使う予定は無いから良しとしよう。

他にもラグ・照明など素敵な商品がお求め易く揃っていた。
f:id:to-ichi:20181111205532j:plain

ひとまず我が家のダイニングテーブル第一候補はunicoで決定。
ただうちのLDKに合うのかな?
後でマイホームデザイナーをするしかない。


おわりに

unico代官山に行く予定をたてていたら、目黒通りが近いことを数日前に知り追加。

当日目黒通りのことを調べていたらメンテナンス講習会を知り追加。

メンテナンス講習会までの時間があるから恵比寿ガーデンプレイスを追加。

行き当たりばったりの東京散策となったが、子供たちは恵比寿ガーデンプレイスで大興奮。

クリスマスツリー
f:id:to-ichi:20181111210312j:plain

レッドカーペット
f:id:to-ichi:20181111210344j:plain

可愛いベンチ
f:id:to-ichi:20181111210443j:plain

『花より団子』の待ち合わせ場所
f:id:to-ichi:20181111210547j:plain

こんな豪華でお洒落な場所、引っ越し先の栃木県にあるのかな…
いや、間違いなくない。

あるのは川・山・田んぼぐらい(笑)



↓ためになる家づくりブログが盛りだくさん↓
にほんブログ村 住まいブログへ