心も体も暖かい家づくり

家の快適さは大きさじゃない。家・家・家…そして家。頭の中は家一色。

建築トラブル①「家は建てませんが報酬金の81万円はお支払ください」

f:id:to-ichi:20190120173720j:plain

建築を依頼していた業者から電話が入った。
「とーいちさんの家を建てることはできません」
何を言っているのか理解できなかった。
と言うより、したくなかった。
そして膝が崩れた…。

業者は続ける。
「契約書に書かれている報酬金額81万円をお支払いください」
頭の中は真っ白。
パニック状態。

最終的には81万円を支払わず契約も解約。
ただ我が家のマイホーム計画は白紙。
業者から傷つく言葉を何度も言われたり、弁護士に相談したり、業者のウソが発覚したりと、正気ではいられない日々が続いた。

同じ境遇で悩んでいる人の光になるよう紹介していく。
簡潔に書いたつもりだったが、とても長くなってしまったため5記事に分けて紹介。
毎日更新していくので、ゆっくり読んでください。




契約

業者と出会い、1~2ヵ月に1度のペースで打ち合わせを行い半年、私たちは契約をした。

車で3時間の距離にある建築予定地と業者。
実家の近くに建てるため今住んでいる住まいから遠く、直接打ち合わせをする回数は多く取れない。
しかし毎週のように電話で相談し、間取りが大きく変わるときには郵送にて送ってもくれた。

契約前から親身に対応してくれた業者。
ただ業者の心の中には不安があった。
『こんなに打ち合わせをしているが、まだプランが固まらない。本当にとーいちさんはうちで建てる気があるのか?』

そして間取りが決まりかけたある日、業者はその思いを私に伝え更に
「できれば契約をしてほしい。そうすればこちらも気持ちよく仕事ができる。もちろん契約後も間取りの変更はできます。何枚でも書きます!とーいちさんの家づくりにとことんお付き合いさせていただきます!!」

私は申し訳なかった。
業者に不安を抱えさせたまま半年も付き合わせてしまったことに。
気持ちよく仕事をしてもらうため、良い家を建ててもらうため、契約を交わした。


破棄

契約後は私も業者もギアが上がり、打ち合わせの回数も増えスピードを増した。
間取りもほぼ完成に近づいたある日、幸運にも一級建築士に間取りを見てもらえる機会があった。
そこで伝えられる衝撃の事実。
思いもよらぬ角度から強度不足を指摘されたのだ。
「日本の法律的に建たないことはないだろう。だがこの間取りでは強度が不十分だ」

家は家族の命を守るもの。
こんなことを言われては不安で仕方ない。
その夜、契約中の業者に電話で相談。
「ちょっと確認するね」
と電話を切って数分後、折り返しの電話。
「とーいちさんの家を建てることはできません」
そう、業者から断りの電話が入ったのだ。


次回予告

業者が断ってきた理由・報酬金請求の理由が明らかに。
重度のパニックに陥るとーいち。
81万円も請求され、とことん落ち込みます。

→File2.請求・懺悔


       スポンサーリンク




☑️関連記事


f:id:to-ichi:20190313014141j:plain
マイホーム計画  間取り    住宅コラム
f:id:to-ichi:20190312233603j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312225014j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312230840j:plain:w90


 お得情報   家族日記    HM選び
f:id:to-ichi:20190312225720j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312225814j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312225939j:plain:w90


 一条工務店  その他   とーいち
f:id:to-ichi:20190312230208j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312230943j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312231036j:plain:w90


    Instagram     Twitter
   f:id:to-ichi:20190313010825j:plain:w90  f:id:to-ichi:20190313011053j:plain:w90
 
↓ためになる家づくりブログが盛りだくさん↓
にほんブログ村 住まいブログへ