心も体も暖かい家づくり

家の快適さは大きさじゃない。家・家・家…そして家。頭の中は家一色。

30坪とは思えない!小さな家で広く暮らす不思議な間取り

f:id:to-ichi:20190411233251j:plain

今回紹介する間取りは夫婦と子供2人、計4人の家族。
共働きで忙しく花粉症に悩む、ありきたりながらも少し凝った設定。

30坪の家で4人家族と聞くと少々手狭に感じるだろうが、決してそんなことはない。
一つ一つ丁寧に無駄を削ぎ落とし、必要な場所に必要な広さを設けることで物に溢れることなく、豊かな生活を送ることができるのだ。


間取り図

【1階】
f:id:to-ichi:20190411222525j:plain

【2階】
f:id:to-ichi:20190411222540j:plain

【延べ床面積】
1階-15坪
2階-15坪
合計-30坪

帰ったらまず手洗い・うがい

f:id:to-ichi:20190411222710j:plain

家に帰ったらまずは汚れを落としたい。
玄関ホールに洗面台があれば、子供たちも自然と習慣を体が覚える。
玄関にはシューズクロークとコートをかけられる収納もあり、帰宅導線に優れた家となった。

f:id:to-ichi:20190411223032j:plain

心地良い空間を整える

f:id:to-ichi:20190411223135j:plain

広いリビングや部屋があれば、居心地の良い空間なのだろうか?
いや、そんなことはない。

人は暗かったり、寒かったり、暑いとその空間を自然と避けるもの。
反対に人を引き付ける空間も存在する。
この家で言えば、2階に上がってすぐのサンルーム。

f:id:to-ichi:20190411222540j:plain

元々は共働きで忙しく、花粉症に悩む夫婦を想定している。
オールシーズン時間を気にせず室内干しが出来る空間を設けた。

だがこのサンルーム、室内干しだけでなく家族が自然と集まる不思議な空間となった。
ポイントは3つ。

①子供が走り回れる回遊性

f:id:to-ichi:20190411224144j:plain

寝室の引き戸を2箇所とも開ければサンルーム・廊下・寝室が1つの開けた空間となる。
また中央にL字の壁が残ることにより、子供たちの遊びの創造力が活性化される。

子供は何もないと走り回らないが、壁があるとその回りを何故か走ってしまう。
またおもちゃを広げて遊ぶばかりか、 壁というアイテムを上手に使い、おままごとにしてもプラレールにしても遊びの幅を広げる。

②日溜まりと風の通り道

f:id:to-ichi:20190411224702j:plain

南面には大きな掃き出し窓。
北面には階段の踊り場に小さな小窓。

秋~春にかけて心地よい陽気に包まれ、春~夏にかけては風の通り道となる。
休日にはサンルームにラグでも敷いてお昼寝なんてのも悪くない。

③人目を気にしない

f:id:to-ichi:20190411225107j:plain

この家のサンルームは日当たりの良い2階に設けられた。
だがしかし、もし1階の道路沿いにあったらどうだろう。
家の中なのに人目が気になるだろう…。

造園や塀により上手に目隠しができれば良いが、敷地や予算の問題から必ずできるものではない。
サンルームが2階であれば、余程の密集地でない限りこの問題は解決できる。

3つのポイントから

f:id:to-ichi:20190411225726j:plain

一番居心地の良い場所は広いリビングとは限らない。
この家のように洗濯物を干すサンルームのような場合だってあるのだ。
もしかしたら小さな書斎だったり、ワークスペースのあるパントリー(食品庫)だったりする家庭もある。

柔軟な子供部屋

f:id:to-ichi:20190411230922j:plain

子供部屋が必要な期間は一般的に約10年。
短ければ中1~高3までの6年。

今後50年は住むであろう家に、子供部屋という近い将来、役割を持たなくなる部屋を設けることは賢い選択なのだろうか?
子供部屋に広さと予算をかけすぎたため、その他の空間を狭く、縮こまった生活を送ることになってしまうのではないのだろうか。

子供の成長に合わせて柔軟に対応できる家ならば、死に部屋(何も使われない部屋・使用目的がなくなり物置となった部屋)にならず、常に家全体を隅々まで活用することが出来る。

今回紹介した間取り図を見てみよう。
f:id:to-ichi:20190411222540j:plain
収納2つ込みで広々9畳の子供部屋。
子供が小さいうちは家族4人で川の字となり寝る。
子供部屋が必要になれば中央に壁を造る。
子供が巣立ち、その役割を終えた子供部屋は壁を取り外し、元の大空間に戻すこともできる。

この先、様々なシーンに柔軟に対応できる間取りは、家を広く使うことができるだけでなく、家の大きさを小さくし、建築費用を大幅に下げることができるのだ。、

回れるパントリー

f:id:to-ichi:20190411231632j:plain

共働きで買い物の時間すら惜しい家族は少なくない。
どれだけ小さくても良いから、買いだめのできるパントリーは取り入れたい。

この家にはキッチンからリビングへ通り抜けできるパントリーを設置。
収納力が増しただけでなく、LDKに行き止まりをつくらず、どこからでもアクセスできるのが大きな魅力。

小上がり畳コーナー

f:id:to-ichi:20190411231944j:plain

1人が寝るのであれば2畳、2人が寝るのであれば3畳もあれば十分。
この家は来客用に特別個室を設けるのではなく、日常的にお昼寝や遊び場として使いやすい3畳の畳コーナーを設けた。
f:id:to-ichi:20190411222525j:plain

小上がり下部は収納としても利用可能。
ただこの小上がりは収納以上に大きな役割がある。
それがソファーに座った人と畳コーナーに座る人の目線を揃えることだ。

目線が揃うことで心地よさが生まれる。
更に言えば畳コーナー・リビングソファー・ダイニングチェアーに座る人、キッチンで立つ人の目線が揃うよう計算されている。

家を広く使う工夫

f:id:to-ichi:20190411233623j:plain

30坪の家と聞くと『なんだか窮屈そう…』と感じてしまう。
しかしそれは大きな間違い。
家を広く使う仕掛けを所々しのばすことで、家全体を使い狭さを感じさせない。

今回紹介した柔軟な子供部屋であったり、目線を揃える小上がり畳コーナーもその例だ。
また部屋を細かく区切らなかったり、行き止まりを減らすこと、視線の抜けをつくることは有効だ。

もっと踏み込んだ内容はこちらに詳しく記されている。

大きい家より小さい家。快適性・省エネ性が桁違いな理由


おわりに

家の良し悪しは広さではない。
その家庭にいかにマッチした家を設計できるかだと感じている。

下記のサイトは要望を伝えることで、複数社からあなたにピッタリの間取りを提案してもらえるためオススメ。

家づくりと花粉症は関係が薄いようで、実は大きく関わる。
このように様々なシーンを想像できる建築業者と出会いたい。
いろんな間取り・家を見て、体験して、自分たち家族の理想を見つけ出してほしい。


       スポンサーリンク




☑関連記事


f:id:to-ichi:20190313014141j:plain
マイホーム計画  間取り    住宅コラム
f:id:to-ichi:20190312233603j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312225014j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312230840j:plain:w90


 お得情報   家族日記    HM選び
f:id:to-ichi:20190312225720j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312225814j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312225939j:plain:w90


 一条工務店  その他   とーいち
f:id:to-ichi:20190312230208j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312230943j:plain:w90 f:id:to-ichi:20190312231036j:plain:w90


    Instagram     Twitter
   f:id:to-ichi:20190313010825j:plain:w90  f:id:to-ichi:20190313011053j:plain:w90
 
↓ためになる家づくりブログが盛りだくさん↓
にほんブログ村 住まいブログへ