心も体も暖かい家づくり

2019年夏までにマイホーム引き渡し。家の快適さは大きさじゃない。家・家・家…そして家。頭の中は家一色。

【LIXIL・YKK・DAIKEN】お洒落なドアを求め新宿探索!のはずが…

家の設備をいろいろと決めてきたが、未だ手をつけていない扉関係。
室内ドア・玄関扉を求め東京に。

今回は室内ドアにLIXIL・DAIKENの2社。
玄関ドアにLIXIL・YKKの2社。
3社共に新宿駅周辺に固まっているため、1日で散策ができた。

まだ確定では無いが、今日見た中での有力候補を忘備録として残しておく。


室内ドアの選ぶ基準

まず初めにお伝えしたいことが…

我が家は室内ドア・玄関ドア共に無垢扉を採用しようとイメージしていた。
しかし先日頂いた見積もりが大幅にオーバーしたことから、優先順位の低い扉類はプリントシールの採用を決意。

無垢扉は手入れこそ大変だが、その存在感はプリントシールと比べ物にならない。

↓無垢扉
f:id:to-ichi:20180731201724j:plain

雰囲気・さわり心地・経年変化による味わい…
『玄関は家の顔』と言われ『室内扉は部屋の引き立て役』とも言われる。
部屋をより良くする1つのアイテムと捉え
コーディネートしていきたい。

無垢に近い風合いを意識し選ぶ予定だ。

室内ドア~DAIKEN~

f:id:to-ichi:20180731201004j:plain

価格はLIXILより安めの設定。
しかしどうしてもプリントシール感が出てしまう素材。
遠くから見ても

『あっ、プリントシールだ』

一発で分かる。

f:id:to-ichi:20180731211130j:plain

特にこの横張風のプリントシールは『まさに』と言ったところ。
我が家では不採用に決定。

室内ドア~LIXIL~

本日の本命はコチラ。
【LIXIL:ラシッサDパレット】

f:id:to-ichi:20180731211414j:plain

ペイント無垢材さながらの風合い。
正直、私も嫁も近くで見てもプリントシールか無垢か判断できない。

更に金額差無しでチェッカーガラスも採用可能。
f:id:to-ichi:20180731211618j:plain

また格子もガラス面を大きくしても金額差無し。
f:id:to-ichi:20180801070743j:plain

フラットタイプだと-2万円(定価にて)となる。
f:id:to-ichi:20180801070819j:plain

カラーバリエーションも豊富で、上図の白系(ホワイトオーク)・水色系(ブルーペイント)の他にもある。

黒系(スモークオーク)
f:id:to-ichi:20180731211946j:plain

茶系(ナチュラルオーク)
f:id:to-ichi:20180731212055j:plain

緑系(グリーンペイント)
f:id:to-ichi:20180731212348j:plain

また金額差無く落ち着いた雰囲気のラシッサDヴィンティアも魅力的。

青系(ネイビーブルー)
f:id:to-ichi:20180731212735j:plain

緑系(ボトルグリーン)
f:id:to-ichi:20180731212805j:plain

茶系(チーク)
f:id:to-ichi:20180731212936j:plain

この3色は特に私の心を揺さぶってきた。
薄茶系(ナチュラルオーク)・黒系(チャコールブラック)の2色はややピンとこなかった…

またラシッサDシリーズより価格を1万円落としたラシッサSシリーズ。
価格を抑えた分、無垢感は減るが爽やかな白は魅力的だった。
f:id:to-ichi:20180731213245j:plain

2社を比較しての感想

価格をとるのならDAIKENだが、私たち夫婦にはLIXILの扉の方がお気に入りだ。
2社を立て続けに見れたためしっかりと比較できたのが良かった。

玄関からリビングに入る扉のみチェッカーガラスを採用し、その他の室内扉にはガラスを付けない。
色合いに関しては壁紙や床材、家具が決まったら合わせていく予定だ。

玄関扉の予定

青ガルバに合う玄関扉を探す!
無垢は諦めプリントシール!

外観カラーはこんな感じ↓
f:id:to-ichi:20180731215201j:plain
(こんなシンプルでお洒落では無いけど、色はこんな感じです)

コチラの家はオーク色の茶系玄関ドア。
茶系でもオーク色のような薄茶系、チーク色の濃茶系がある。
だが白い玄関ドアも捨てがたい…

玄関扉~YKK~

【YKK:ヴェナード】
f:id:to-ichi:20180731215526j:plain

私が一番気に入っているシンプルデザイン。
あえて窓を付けない。
カラーバリエーションも豊富。
f:id:to-ichi:20180731215640j:plain

次に小窓を付けたい嫁はコチラの方が好み。
f:id:to-ichi:20180731215737j:plain

ただコチラのドアはカラーバリエーションがやや少なめ。
f:id:to-ichi:20180731215838j:plain

D2~D4と金額差があるのは断熱性能の違い。
もちろん我が家はD2を選びます。

玄関扉~LIXIL~

【LIXIL:シエスタ】
f:id:to-ichi:20180731220205j:plain

YKK同様、私は小窓がないシンプルデザインが好み。

何度見ても嫁は小窓つきが好きなようです。
f:id:to-ichi:20180731220338j:plain
f:id:to-ichi:20180731220423j:plain

ただこちらの小窓、アイアン調の黒いクネクネ。
絶対に付いてしまうという欠点が。
以前アドバイスを頂いたなかに『アイアンが無い方がガルバに合う』というものがあったが、アイアン抜きの玄関ドアに出会うことができなかった。

2社を比較しての感想

正直LIXIL・YKKどちらも悪くない。
まだまだ検討段階。
建築デザイナーに相談です。

おまけ

扉類を見に行った新宿。
ただDAIKENでは床材をチラリ。
ハピアフロアシリーズを2階に採用しようかな?
主寝室はウォルナット?
f:id:to-ichi:20180731221020j:plain
それともチーク?
f:id:to-ichi:20180731221122j:plain

娘の部屋はホワイト系?
f:id:to-ichi:20180731221146j:plain

息子の部屋はダークにしちゃう?
f:id:to-ichi:20180731221206j:plain

こんな妄想で楽しませてもらいました。

YKKではアウターシェードをチラリ。
f:id:to-ichi:20180731221254j:plain

アウターシェードは価格以上の性能を発揮することからも、各社もっと力をいれてバリエーションを増やしてほしい。

玄関ポストもチラリ。
f:id:to-ichi:20180731221557j:plain

移動途中にあったトクラスは我が家の採用予定キッチン。
安定感の高性能ぶりに再度感動。
f:id:to-ichi:20180731221529j:plain

帰りにはヤマダ電機で家電をチラリ。
半年前から狙っていたPanasonicのレコーダーが在庫処分にて破格の値段に。
f:id:to-ichi:20180731222537j:plain

ちょこちょこ家電巡りにてチェックしていたんですが、7万円前後の値段に手も足も出せない状況でした。
最近新型に切り替わりまた価格が上昇。
店員さんに「去年モデルはありませんよね?」なんて聞いたら「週末に広告で出す在庫処分品があるんです」なんて言われてワクワク。

税込59,800円。
ん~…価格.comとほぼ同じ値段。
1時間ほど嫁と家族会議(笑)

結局諦めて帰ろうとしたのですが、ダメもとで「安くなりますか?」なんて聞いたら電卓を叩きはじめて…

「税込53,000円でどうでしょう?」

えっ!?
「買います!!」
f:id:to-ichi:20180731222441j:plain

この子は優秀で、6番組を24時間16日間も録画してくれるんです。
テレビ依存症の嫁は更に依存度が増すでしょう。
というより外に出ないでしょう(笑)


おわりに

なぜか扉を見に行ったハズなのに、頭のなかはレコーダー一色の我が家。
一体何しに行ったのか…

時間はたっぷりあるので、まだまだ扉巡りを続けたいと思います。
もしおすすめの扉屋さんがあったら教えてください(^^)

合わせて読みたい記事

無垢フローリング15選!



↓ためになる家づくりブログが盛りだくさん↓
にほんブログ村 住まいブログへ